まずは胃袋から

早足ながら美濃の卯建の上がった町並みを堪能して、飛騨の国へ。

紙の里も古い家並みも楽しみすぎて当初の予定を半日過ぎてしまいましたが・・・。

飛騨高山の街と朝市とを楽しみに、夕飯は飛騨牛のハンバーグで食から楽しみます。